パリが大好きで、パリ旅行で食べ歩いたパリスイーツを紹介します。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ラデュレ マドレーヌ

 

パリ6区、ラデュレ ボナパルト店で焼き菓子 マドレーヌを買いました。
お値段は忘れましたが、1個2ユーロだったような・・・。

決して安いお値段ではありませんが、ラデュレのマドレーヌとはどんなお味なのか
興味津々で買いました。

良質なバターをたっぷり使った香りにお味。
焼き加減というか、食感もよく完璧なマドレーヌではないでしょうか。

ラデュレには華やかなパリスイーツが並びますが、定番フランス菓子こそ
パリのラデュレで味わいたい! そんな気になる1品でした。



パリのラデュレのウインドーは何度みても飽きない可愛らしさ♪
この色合い、いつもうっとりさせられます。


<Laduree Bonaparte ラデュレボナパルト店>

21 rue Bonaparte - 75006 Paris

Tel : 01.44.07.64.87 - Fax : 01.44.07.64.93

平日営業時間: from 8.30am to 7.30pm

土曜営業 from 8.30am to 8.30pm.  日曜営業 from 10am to 7.30pm

隣のチョコレートショップ営業時間:from 10.00am to 7.00pm


<ラデュレ(raduree)ロワイヤル店>


・メトロ ┃ Madeleine Concorde

・営業 月〜土 8:30〜19:00
     日祝 10:00〜19:00

・16,rue Royale


<Laduree Champs Elysees ラデュレ シャンゼリゼ>

75, avenue des Champs Elysees - 75008 Paris

Tel : 01.40.75.08.75

ショップ営業時間:7.30am 〜 11.00pm

サロンドテ営業時間:7.30am 〜 12.00am

日曜開店時間: 8.30am 〜

メゾンドショコラ entrements delice
 

パリ6区のメゾンドショコラで、entrements deliceと言う名のスイーツ
(画像上)を買いました。

上質なココアを使った濃厚でしっとりしたガトーです。
濃いコーヒーを淹れて、じっくり味わいたいお味でした。

星の数ほどパリにあるチョコレートケーキのなかでも、
お値段は高いものの、メゾンドショコラのチョコレートケーキは
とても上質で洗練された大人のお味だと感心します。



ボンマルシェでお買い物した帰りに、いつもショーウインドーを覗きます。

・メトロ Servres Baybylone

・休み 日曜日・祝

・営業:月曜〜金曜 10時〜 19時30分, 土曜10〜20時, 日曜10〜14時

・19,rue de Sevres

パリ市内には他に6店舗あり、サロンドテを設けている店舗もあります。

メゾンドショコラのサイトはこちらから

マレ地区 カフェ ルロワ(le loir)

 
マレ地区 カフェ ルロワ(le loir)は、以前よりずっと気になりながらも
入ったことのないカフェでした。

数年前のテレビでは、神田うのがこちらでスイーツを食べていたり、
雑誌フィガロジャポンには、クリスチャンラクロワもたまに現れるとあり
ラクロワの服のファンの私は、ついに行ってみたのでした。

フィガロでおすすめしていた、レモンメレンゲタルトを注文しました(画像上)。
とにかく大きいこのタルト。
女3人で1個を食べましたが、食べきれませんでした。

と言うのも、このメレンゲの量が半端ではありません。
そもそもメレンゲってそんなに日本人にはなじみがないかも・・。

メレンゲが生ぬる〜く大量にあり、さすがにギブアップしました(笑)。



他にも数種類のスイーツが並びます。
どれもかなり大きいカットとなりますが、タルトタタンが美味しそう〜!



店内は独特雰囲気があります。
ルイス・キャロルの不思議の国のアリスの世界に魅せられたオーナーが
開いたお店だそう。



週末の午後でしたので、家族づれが多かったです。



店内のアンティークなレイアウトも、雰囲気作りに一役買います。



注文しながら、ラクロワも来るのか聞いてみました(笑)。
たま〜にいらっしゃるようです。



ポットの看板が目印です。



ランチのキッシュやクラブハウスサンド、サラダもあるようです。
週末にはブランチメニューもあるようです。

スイーツ同様、キッシュもボリュームたっぷりなようです。



<ル・ロワール・ダン・ラ・テェイエール(Le Loir dans la Theiere)>

住所:3, rue des Rosiers 75004 Paris  

TEL : 01 42 72 90 61

メトロ : 1番線 St-Paul

営業時間 : 11:00〜19:00 (土日10:00〜)

定休日 : 無休




ラデュレ(laduree) パリ タルトシトロン

 

パリ6区 サンジェルマンデプレにあるラデュレ ボナパルト店で、
レモンのタルト、タルトシトロンを買いました。

タルト生地も絶品で、レモンクリームは酸味が強めで(日本のものと比べると)
バターの風味で濃厚ながら、さっぱりした味わいのスイーツです。

形もしっかりしているので、持ち運びも気軽にできるので
蚤の市へ行く際におやつに持って行ったりします。
デザートフォークやナイフがなくとも、かぶりつきで食べられます(笑)。

ラデュレに並ぶ、宝石のようなスイーツの中では一見地味ですが
清々しいスイーツで、夏向きかもしれません。
もちろん、パリのラデュレ全店で購入できます。


<ラデュレ(raduree)ロワイヤル店>


・メトロ ┃ Madeleine Concorde

・営業 月〜土 8:30〜19:00
     日祝 10:00〜19:00

・16,rue Royale


<Laduree Champs Elysees ラデュレ シャンゼリゼ>

75, avenue des Champs Elysees - 75008 Paris

Tel : 01.40.75.08.75

ショップ営業時間:7.30am 〜 11.00pm

サロンドテ営業時間:7.30am 〜 12.00am

日曜開店時間: 8.30am 〜


<Laduree Bonaparte ラデュレボナパルト店>

21 rue Bonaparte - 75006 Paris

Tel : 01.44.07.64.87 - Fax : 01.44.07.64.93

平日営業時間: from 8.30am to 7.30pm

土曜営業 from 8.30am to 8.30pm.  日曜営業 from 10am to 7.30pm

隣のチョコレートショップ営業時間:from 10.00am to 7.00pm

ピエールエルメパリ(piere herme paris) サントノーレ
 
パリ6区、ピエールエルメパリ(piere herme paris)の サントノーレです。
画像では色がわかりにくいかもしれませんが、クリームはうすいきみどりで
ピスタチオのクリームで6.2ユーロです。

丸いシューにかかるキャラメルの色がゴールドに光り、とてもスタイリッシュです。
マカロンもメタリックにしたり、このフランス伝統菓子のサントノーレも
メタリックに仕上げるところが、ピエールエルメのセンスを感じます。

お味の方は、ラデュレのサントノーレとはまた違う美味しさ。
ピスタチオのクリームがとても濃厚で、いちごの酸味と合います。

以前見たパリのお菓子ブログで、ピエールエルメの数種類のサントノーレが
期間限定でウインドーに並んでいるのを見かけ圧巻でした。
イスパハンのサントノレ、アンフィニティフ・バニーユのサントノレ、サタン、
キャレモンショコラにモンテベロのサントノーレ・・・。

サントノーレ好きにはたまりませんっ!
パリ旅行中にいつか出会いたいものです。

以前ピエールエルメ氏が来日した際のトークショーで、
「サントノーレは、パティシエの実力が一番問われるスイーツだ」と
おしゃっていたのが印象的です。




<ピエールエルメ パリ(piere herme paris) ボナパルト店>

・メトロ St-Sulpice

・営業10:00〜19:00

・休み 月曜

・72,rue de Bonaparte75006

ラデュレ(laduree) パリ サントノーレ フレーズ ピスターシュ

 

パリのラデュレ(laduree)で買った、サントノーレ フレーズ ピスターシュ。
いちごの酸味と、ピスタチオのコクが加わったサントノーレです。

見た目に色が奇抜で、敬遠していましたが妹が購入し彼女は3種類の
サントノーレの中で一番気に入ったそうです。

ラデュレ(laduree)のサントノーレは、キャラメルのサントノーレ
サントノーレ ローズ フランボワーズ、サントノーレ フレーズ ピスターシュと
3種類紹介しましたが、パリ旅行中は好みやその日の気分で選び
とても楽しんだパリスイーツでした。

銀座三越に出店したラデュレのショーウインドーを見ると、
パリのサントノーレの3分の2の大きさで¥880と驚きました。

味の完成度もパリの方が高いと思いますので、
日本で食べられるとしても、パリで食べたい
パリ旅行のおすすめパリスイーツです。



パリのラデュレは、シャンゼリゼ通り店には素敵なバーができ
マカロンのカクテルが数種類あるようです。

さらに、シャルルドゴール空港とオルリー空港にマカロンやキャンドルなど
ラデュレの小物を売る店舗ができたようで、フランス パリ旅行者には
とても便利になりました。

<Laduree Champs Elysees ラデュレ シャンゼリゼ>
75, avenue des Champs Elysees - 75008 Paris
Tel : 01.40.75.08.75

ショップ営業時間:7.30am 〜 11.00pm
サロンドテ営業時間:7.30am 〜 12.00am
日曜開店時間: 8.30am 〜

メゾンドショコラ(maison du chocolat) ブラジリアンペストリー
 

メゾンドショコラ(maison du chocolat)のショコラムースです。
 ブラジリアンペストリーとは、英語名でフランス語ではEntremets bresilienでした。

ショコラのムースとキャラメルのムース、しっとりした土台のビスケットが
とても濃厚な調和をとっている大人のショコラスイーツでした。
ムースを囲む外側のチョコレートもねっとり濃厚です。

チョコレートに目のない方々には是非味わっていただきたい濃厚スイーツです。



パリのメゾンドショコラ(maison du chocolat) の穴場的なショップと言えば、
ルーブル美術館のピラミッドを降りた地下のショッピングモール
(カルーセルルーブル)の中にある店舗。

他店は日曜が休みですが、こちらは日曜も営業し他店に比べて
夕方でも比較的スイーツの品揃えがある方だと思います。

Carrousel du Louvre

住所: 99 rue de Rivoli 75001 Paris

営業時間: 月曜〜日曜日: 10am 〜 8pm.

メトロ: Palais Royal Musée du Louvre

メゾンドショコラ(maison du chocolat) のサイトはこちらから

ラデュレ(laduree) パリの サントノーレ
 

ラデュレ(laduree)のサントノーレを初めて食べたその日から、
すっかりサントノーレの虜となり、パリ旅行滞在中にほぼ毎日のように
このサントノーレを食べた旅がありました。

シュー生地や下のパイ生地にほろ苦くカリッとキャラメリゼされ、
それが中のカスタードクリームと外側の生クリームと
絶妙なハーモニーを奏でる絶品のパリスイーツです。

一見けっこうな大きさがありますが、生クリームが大好きな私は
ぺろりと食べてしまいます。

以前かのスイーツの巨匠ピエールエルメのトークショーでエルメ氏が
「サントノーレは、パティシエの力量がおおいに試されるフランス菓子だ」
と言っていたのが印象深いです。

シュー生地、パイ生地、カラメル、生クリームにカスタードクリームと
この一つのスイーツにぎっしりフランス菓子のエッセンスが詰まっています。

日本でも銀座三越に出店したラデュレ。
ショーケースを覗いたときには、この基本のサントノーレはありませんでした。
サントノーレは、バラとピスタチオのものがあり、
パリサイズの3分の2で880円でした。

パリのラデュレでこのサントノーレは、5・7ユーロだったように記憶しています。
店内のサロンドテで食べると、1ユーロ程度高くなります。

東京のダロワイヨでもサントノーレが売られ食べてみましたが、
パリのラデュレのサントノーレの敵ではありませんでした。



母と妹と3人でパリ滞在中は、それぞれが
3種類別々のサントノーレを選びます。

ラデュレのモンブランも美味しくてはずせないので、モンブランは
3人で食べるのに買い、この4個セットで買うことが頻繁にありました。
箱を開けると、なんとも華やかで豪華です。



パリ旅行中、ラデュレにほぼ毎日のようにケーキを買いに行きました。
ラデュレの箱は、エルメスの箱と同じ工場で作られているとか。

きれいですぐに捨てるには忍びなく、パリ滞在中は部屋に飾っていました。


<Ladurée Bonaparte ラデュレボナパルト店>

21 rue Bonaparte - 75006 Paris

Tel : 01.44.07.64.87 - Fax : 01.44.07.64.93

平日営業時間: from 8.30am to 7.30pm

土曜営業 from 8.30am to 8.30pm.  日曜営業 from 10am to 7.30pm

隣のチョコレートショップ営業時間:from 10.00am to 7.00pm

ピエールエルメ パリ(piere herme paris) バニラのタルト(Tarte infiniment vanille)
 

ピエールエルメ パリ(piere herme paris)のバニラのタルト、
Tarte infiniment vanilleです。
お値段は確か6.5ユーロくらいだったと思います。

タルト生地は申し分ない美味しさで、ホワイトチョコレートの部分は濃厚で甘め。
濃厚&甘いのが大好きな私も、二度に分けて食べたほどです。

上にのっているのは、カカオではなく高級バニラビーンズ!!
さすがピエールエルメ。とても贅沢な作りです。



<ピエールエルメ パリ(piere herme paris) ボナパルト店>

・メトロ St-Sulpice

・営業10:00〜19:00

・休み 月曜

・72,rue de Bonaparte75006




パリ6区、ピエールエルメ パリ(piere herme paris) ボナパルト店のある
サンジェルマンデプレ界隈には、センスのよいインテリア雑貨のお店が並んでいます。

こちらはメゾンドファミーユ サンジェルマン本店です。
ピエールエルメ パリ(piere herme paris) から徒歩3分の
サンシュルピス通り(RUE SAINT SULPICE )にあります。

こちらの数種類のテーブルセッティングはとてもハイセンスで、いつもとても
楽しみにしています。テーブルセッティングに使われているものは
もちろん購入可能です。

マドレーヌ寺院の前にも支店があり、そちらもまた違ったコーディネートが
してあるので、そちらも必ず足を運んでいます。


MAISON DE FAMILLE メゾン ドゥ ファミーユ
パリ6区 サンジェルマン パリ本店
29,RUE SAINT SULPICE 75006 PARIS FRANCE
Tel 33 1 40 46 97 47


パリ8区・マドレーヌ店
10,PLACE DE LA MADELEINE 75008 PARIS FRANCE
Tel 33 1 53 45 82 00




こちらも同じくサンシュルピス通り、メゾンドファミーユの向かえ側にあるドイツ食器専門店
ビレロイボッホ サンジェルマン店です。

こちらもマドレーヌ寺院前にショップがあります。
日本で買うよりも、少しお安いです。



こちらもサンシュルピス通りのインテリアグッズのお店です。
キッチン雑貨、インテリア、ガーデニング用品と所狭しと素敵にディスプレーされています。


ピエールエルメ パリ(piere herme paris)でスイーツを買い、
サンシュルピス寺院前の公園で食べたら、サンシュルピス通りを散歩してみてください。
お勧めのエリアです。

クリスチャンコンスタン(christian constant) ショコラタルト
 

パリ6区、クリスチャンコンスタン(christian constant) のショコラタルトも
ソニアリキュールと並ぶ、このショコラティエのお気に入りパリスイーツです。

ねっとりした濃厚なチョコレートソースと、サクサクで絶品のタルト生地が
たいへん美味しいです。

こういったシンプルなスイーツこそなおさら、ショコラティエの力量が問われる
スイーツなのではないでしょうか。



クリスチャンコンスタン(christian constant) の包装はシンプルですが
きれいです。




店内もシンプルで、ショコラ・ケーキのほかにお惣菜も並ぶ庶民的なお店です。



隣接したカフェでは、クリスチャンコンスタン(christian constant)のスイーツ
はもちろん、自家製ソルベ(シャーベット)も味わえます。





クリスチャンコンスタン(christian constant)のすぐ横には、
リュクサンブール公園があります。

クリスチャンコンスタン(christian constant)のアイスを食べながら散歩したり
クリスチャンコンスタン(christian constant)でお惣菜とパンを買って
プチピクニックをするのも、素敵なパリ旅行の思い出になりそうです。


<クリスチャンコンスタン Christian Constant Paris>

・メトロ Rennes

・8:00〜20:00

・無休

・37,rue d’Assas 75006