パリが大好きで、パリ旅行で食べ歩いたパリスイーツを紹介します。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< クリスチャンコンスタン(cristian constaint paris) ソニアリキュール〜パリ6区 | main | アモリーノ(amorino)のアイスクリーム >>
ピエールエルメ パリ(piere herme paris) イスパハン
 
パリ6区、サンジェルマンデプレのボナパルト通りにある
ピエールエルメ パリ(piere herme paris)。

小ぢんまりした黒が基調の店内には、色とりどりのスイーツが際立ちます。
魅力的なピエールエルメのスイーツの中で、大好きなひとつがこちら、
イスパハン。

バラのマカロンの中には、フランボワーズとライチが入っていて
絶妙な味わいです。初めて食べた時から、その食感とフルーツのハーモニーと
ローズの香りにすっかり魅せられてしまいました。

そしてこのきれいなピンクのマカロンに大輪の深紅のバラの花びらが、
なんともエレガント。
バラの花びらには、必ずしずくを装ったゼリー(?)が乗っています。

このイスパハンですが、パリスイーツの老舗ラデュレ(laduree)にも
ありました。食べ比べてみましたが、私はピエールエルメのイスパハン方が
マカロンの食感とライチとフランボワーズのバランスが好みで、
ピエールエルメに軍配を上げました。





2008年春のピエールエルメのウインドーです。
朱赤ときみどりという、日本人には馴染みのない色合わせに思いましたが
とても新鮮で美しいです。

アメリカンスイーツにはありがちな配色ですが、それとは全く違う印象です。
フランスやイタリアの”色”って、ほんとうに美しい!



<ピエールエルメ パリ(piere herme paris) ボナパルト店>

・メトロ St-Sulpice

・営業10:00〜19:00

・休み 月曜

・72,rue de Bonaparte75006




パリ6区サンジェルマンのボナパルト通りのピエールエルメには、
サロンドテはありません。
こちらでスイーツを買ってすぐに食べるなら、目の前にある
サンシュルピス教会前の公園がおすすめです。

ピエールエルメのお店の方に、フォークを欲しいと言うと
プラスチックのフォークをつけてくれるのでベンチでたべることができます。

公園の中央には、存在感のある噴水が目を引きます。
水がまるでアクリル板のように流れでる様は、思わず手を出してみたくなります。

このサンシュルピス教会は、映画ダビンチコードで有名になった教会で
この周りには、香水の老舗アニックゴダールやクリスチャンラクロワ、
メゾンドファミーユのインテリア雑貨など魅力的なお店で囲まれています。
散策に最適なエリアです。


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://parisweet.jugem.jp/trackback/6
TRACKBACK