パリが大好きで、パリ旅行で食べ歩いたパリスイーツを紹介します。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ピエールエルメパリ(piere herme paris) サントノーレ
 
パリ6区、ピエールエルメパリ(piere herme paris)の サントノーレです。
画像では色がわかりにくいかもしれませんが、クリームはうすいきみどりで
ピスタチオのクリームで6.2ユーロです。

丸いシューにかかるキャラメルの色がゴールドに光り、とてもスタイリッシュです。
マカロンもメタリックにしたり、このフランス伝統菓子のサントノーレも
メタリックに仕上げるところが、ピエールエルメのセンスを感じます。

お味の方は、ラデュレのサントノーレとはまた違う美味しさ。
ピスタチオのクリームがとても濃厚で、いちごの酸味と合います。

以前見たパリのお菓子ブログで、ピエールエルメの数種類のサントノーレが
期間限定でウインドーに並んでいるのを見かけ圧巻でした。
イスパハンのサントノレ、アンフィニティフ・バニーユのサントノレ、サタン、
キャレモンショコラにモンテベロのサントノーレ・・・。

サントノーレ好きにはたまりませんっ!
パリ旅行中にいつか出会いたいものです。

以前ピエールエルメ氏が来日した際のトークショーで、
「サントノーレは、パティシエの実力が一番問われるスイーツだ」と
おしゃっていたのが印象的です。




<ピエールエルメ パリ(piere herme paris) ボナパルト店>

・メトロ St-Sulpice

・営業10:00〜19:00

・休み 月曜

・72,rue de Bonaparte75006

ピエールエルメ パリ(piere herme paris) バニラのタルト(Tarte infiniment vanille)
 

ピエールエルメ パリ(piere herme paris)のバニラのタルト、
Tarte infiniment vanilleです。
お値段は確か6.5ユーロくらいだったと思います。

タルト生地は申し分ない美味しさで、ホワイトチョコレートの部分は濃厚で甘め。
濃厚&甘いのが大好きな私も、二度に分けて食べたほどです。

上にのっているのは、カカオではなく高級バニラビーンズ!!
さすがピエールエルメ。とても贅沢な作りです。



<ピエールエルメ パリ(piere herme paris) ボナパルト店>

・メトロ St-Sulpice

・営業10:00〜19:00

・休み 月曜

・72,rue de Bonaparte75006




パリ6区、ピエールエルメ パリ(piere herme paris) ボナパルト店のある
サンジェルマンデプレ界隈には、センスのよいインテリア雑貨のお店が並んでいます。

こちらはメゾンドファミーユ サンジェルマン本店です。
ピエールエルメ パリ(piere herme paris) から徒歩3分の
サンシュルピス通り(RUE SAINT SULPICE )にあります。

こちらの数種類のテーブルセッティングはとてもハイセンスで、いつもとても
楽しみにしています。テーブルセッティングに使われているものは
もちろん購入可能です。

マドレーヌ寺院の前にも支店があり、そちらもまた違ったコーディネートが
してあるので、そちらも必ず足を運んでいます。


MAISON DE FAMILLE メゾン ドゥ ファミーユ
パリ6区 サンジェルマン パリ本店
29,RUE SAINT SULPICE 75006 PARIS FRANCE
Tel 33 1 40 46 97 47


パリ8区・マドレーヌ店
10,PLACE DE LA MADELEINE 75008 PARIS FRANCE
Tel 33 1 53 45 82 00




こちらも同じくサンシュルピス通り、メゾンドファミーユの向かえ側にあるドイツ食器専門店
ビレロイボッホ サンジェルマン店です。

こちらもマドレーヌ寺院前にショップがあります。
日本で買うよりも、少しお安いです。



こちらもサンシュルピス通りのインテリアグッズのお店です。
キッチン雑貨、インテリア、ガーデニング用品と所狭しと素敵にディスプレーされています。


ピエールエルメ パリ(piere herme paris)でスイーツを買い、
サンシュルピス寺院前の公園で食べたら、サンシュルピス通りを散歩してみてください。
お勧めのエリアです。

ピエールエルメ(Piere herme)のマカロン
 

パリで一番美味しいマカロンとは、ラデュレ(laduree)のマカロンか
ピエールエルメ(Piere herme)のマカロンだそうです。

そのピエールエルメ(Piere herme)は、パリではもちろん今や
世界のトップパティシエ。ラデュレ(laduree)が昔からあるフランス菓子を
宝石のように店頭へ並べているのに対し、ピエールエルメ(Piere herme)は
年に2回新作スイーツが店頭を飾り、とても贅沢な素材を惜しみなく使い
創造を絶するほどスタイリッシュに美しく、しかも美味しいスイーツが並びます。



こちらのピエールエルメ(Piere herme)のマカロンは、ジャスミンのマカロンです。
ホワイトチョコレートにガナッシュ、ジャスミン風味です。
1個1.5ユーロ程度だったように思います。

ファッションの世界でも、メタリックが出始めた頃でしたが
ピエールエルメ(Piere herme)のマカロンにも!!

なんて斬新なマカロンだろうと感動しました。
しかも白いマカロンに銀色のメタリックと、一見目立たないような配色が粋です。

肝心のお味のほうですが、たいへん美味しいマカロンでした。
ジャスミンのクリームは香りよく、とても存在感のある印象的なお味でした。
さすがです。



こちらはピエールエルメ(Piere herme)のマカロン ローズです。
バラのマカロンは、ラデュレとエルメを食べ比べてみました。

結果はどちらも甲乙つけがたく、あとは個人の趣向だなと思いました。
ちなみに私は、食べた時のバラの香りの印象でラデュレに軍配を上げました。

けれど、バラのマカロンとフランボワーズ・イチジクを使ったスイーツ
イスパハンは、ラデュレよりもピエールエルメ(Piere herme)のイスパハンが好きです。





こちらはピエールエルメ(Piere herme)のウインドーのマカロンです。
こちらはうって変わって、対照的な色合いを配色したマカロン。
けれども、アメリカの原色使いのスイーツとは一線を画す色合いです。




<ピエールエルメ パリ(piere herme paris) ボナパルト店>

・メトロ St-Sulpice

・営業10:00〜19:00

・休み 月曜

・72,rue de Bonaparte75006

ピエールエルメ パリ(piere herme paris) イスパハン
 
パリ6区、サンジェルマンデプレのボナパルト通りにある
ピエールエルメ パリ(piere herme paris)。

小ぢんまりした黒が基調の店内には、色とりどりのスイーツが際立ちます。
魅力的なピエールエルメのスイーツの中で、大好きなひとつがこちら、
イスパハン。

バラのマカロンの中には、フランボワーズとライチが入っていて
絶妙な味わいです。初めて食べた時から、その食感とフルーツのハーモニーと
ローズの香りにすっかり魅せられてしまいました。

そしてこのきれいなピンクのマカロンに大輪の深紅のバラの花びらが、
なんともエレガント。
バラの花びらには、必ずしずくを装ったゼリー(?)が乗っています。

このイスパハンですが、パリスイーツの老舗ラデュレ(laduree)にも
ありました。食べ比べてみましたが、私はピエールエルメのイスパハン方が
マカロンの食感とライチとフランボワーズのバランスが好みで、
ピエールエルメに軍配を上げました。





2008年春のピエールエルメのウインドーです。
朱赤ときみどりという、日本人には馴染みのない色合わせに思いましたが
とても新鮮で美しいです。

アメリカンスイーツにはありがちな配色ですが、それとは全く違う印象です。
フランスやイタリアの”色”って、ほんとうに美しい!



<ピエールエルメ パリ(piere herme paris) ボナパルト店>

・メトロ St-Sulpice

・営業10:00〜19:00

・休み 月曜

・72,rue de Bonaparte75006




パリ6区サンジェルマンのボナパルト通りのピエールエルメには、
サロンドテはありません。
こちらでスイーツを買ってすぐに食べるなら、目の前にある
サンシュルピス教会前の公園がおすすめです。

ピエールエルメのお店の方に、フォークを欲しいと言うと
プラスチックのフォークをつけてくれるのでベンチでたべることができます。

公園の中央には、存在感のある噴水が目を引きます。
水がまるでアクリル板のように流れでる様は、思わず手を出してみたくなります。

このサンシュルピス教会は、映画ダビンチコードで有名になった教会で
この周りには、香水の老舗アニックゴダールやクリスチャンラクロワ、
メゾンドファミーユのインテリア雑貨など魅力的なお店で囲まれています。
散策に最適なエリアです。