パリが大好きで、パリ旅行で食べ歩いたパリスイーツを紹介します。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

パリ サンジェルマン ベリーのタルト
 

パリ6区サンジェルマンのビシー通り(rue de Bicci)にあるスイーツ兼パン屋さん。
ちゃんと店名さえ知らずに、パリ旅行中はホテルが近かったのでよく行っていました。

そのお店で買った、ベリーのタルトです。
カリッと意外に歯ごたえのあるフランス菓子でした。

甘すぎずとても素朴なお味でした。
小さい頃に読んだ絵本に出てくるような、そんなフランス菓子でほのぼのします。



場所は、サンジェルマンデプレのビッシー通り。
向かえはパン屋のPAUL(ポール)、その横はビッシー市場です。

フラン〜パリ サンジェルマンデプレ
 
パリ6区のサンジェルマンデプレ、ビッシー通り(rue de bicci)にあるパティスリー。

名前が正確にわからないのですが、ビッシー通りにあるビッシー市場の横にある
パン屋さん・ポール(PAUL)のむかえにあります。

このお店では、フランスの伝統的なお菓子とパンが並んでいます。
画像は、フランスの家庭でもよく作って食べると言うスイーツ
フラン(flan)です。

パイ生地の上に、カスタードクリームを入れて焼き上げたもの。
プリンよりも、もっともちっとした食感のスイーツで素朴な味わいです。



こちらのお店は、クロワッサンもたいへん美味しかったです。
むかえのポール(PAUL)のクロワッサンより好きでした。

外には、ほんの数席テーブルと椅子がありこちらで食べることもできますし
アイスクリームも売っていました。



この黒猫ちゃんは、こちらの看板猫。
いない日もありますが、この日は外のテーブルのランチョンマットの上に
座っていました。

日本なら客のテーブルの上に猫が座るなんて!とんでもないと言ったところでしょうか
パリでは、通りすがりの人も撫でていったりで和みます。



黒猫ちゃんは、次は客席に落ち着きました(笑)。